【お客様の声】店の売上激減による借金増大

2015-10-19

『経営していた飲食店の売上が激減して借金が膨らみ』

 (埼玉県 30代夫婦)

妻と二人で飲食店を経営していたのですが、7年ほどは繁盛していたのですが、店の近所に大手のチェーンが進出してきてから次第に客足が遠のき、経営状態がどんどんと悪化していきました。サラ金など複数の金融機関から借入を繰り返し、自転車操業のような状態が続いた結果、借金が雪だるま式に増えてしまいました。2年前に35年ローンで購入したマンションを売ろうにも、引越しすらできない状況で、何度も自殺を考えました。そんな時に、アトラス総合法律事務所をインターネットで知り、藁にも縋る思いで助けて欲しいとお願いしました。アトラス総合法律事務所の弁護士さんが私の代理人として介入すると、すぐにサラ金など金融機関からの厳しい取立てはピタリと止まり、やっと平穏な日常が返ってきました。また、自宅マンションの売却も、弁護士さんが住宅ローン会社と交渉してくださったおかげですんなりとまとまり、引越し代も出していただけたので、手狭にはなりましたが無事に賃貸住宅に引越すことができました。残った膨大な借金については、自己破産という方法をとり、全ての債務から解放されました。今では大手飲食チェーンに就職して、妻と二人幸せに暮らしています。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.