【ブログ】典型契約④

2019-03-20

典型契約④

こんにちは。東京都千代田区神田にある法律事務所,アトラス総合法律事務所の佐々木です。今回も,前回に引き続き,典型契約の一例を紹介したいと思います。

前回までに紹介した,贈与,売買と同様に物を移転する形の典型契約として,「交換」があります。交換というと何か聞いたことありそうなワードではありますが,民法にしっかりと明記されていますので,一緒にみていきましょう。

民法586条1項は,「当事者が互いに金銭の所有権以外の財産権を移転することを約すること」で交換契約の効力が生じるとあります。ということは,日常的に使う意味での交換,例えば赤ちゃんのおむつ交換などは,赤ちゃんから何か財産権を移転するものではなく,民法上の「交換」にはあたらなそうです。また,「互いに金銭の所有権以外の財産権を移転」とあるので,売買のように一方が金銭を支払うものとは異なる類型になります。

ラーメン屋の事例で「交換」の例を考えてみます。

司法試験受験生の苦学生A君は,ラーメン屋店主Xの作るラーメンを食べたかったが所持金がなかったことから,Xに対し,「この本をあげるからラーメンを食べさせて下さい!」と言い,Xは,「しょうがねぇ,いつも来てくれているAの頼みだ!その本をもらうから,ラーメン食っていきな!」と言った。
ここでは,金銭の所有権の移転はなく,A君は本,Xはラーメンという財産権の移転を約していることになり,交換契約といえます。

次回も,民法が定める典型契約の類型を紹介していきたいと思います。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2019 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.