【ブログ】典型契約⑧

2019-05-09

 こんにちは。東京都千代田区神田にある法律事務所,アトラス総合法律事務所の佐々木です。

 今回から民法の典型契約のうち,役務型といわれる類型の説明に入ります。一発目は「雇用」です。雇用は,社会生活の中でも生活の基礎となる非常に重要な契約といえますが,民法はどのように定めているのでしょうか。

 民法623条は,「当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し,相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって」雇用の効力が生じることを定めています。ここでも贈与や売買や賃貸借と同様に,「ここで働きます。」「その労働に対して報酬を支払います。」という意思の合致のみで契約が成立します。

 ところで,今後お話させてもらう予定ですが,雇用と同じく他人の役務を目的とする契約類型は他にもあり,それらの区別はときとして微妙なものもあります。その中でも雇用は,雇われる人が雇う人に対して従属的である点が大きな特徴といえます。どういうことなのか,ラーメン屋の事例でいえば・・・
 
Xは,念願のラーメン屋の開店にあたり従業員を雇う必要があると考え,ラーメン屋の求人の募集を見て応募してきたE君と面接し,E君は週5日,1日8時間労働のシフト制でXのラーメン屋に勤務することを約束し,Xは報酬として月給25万円を支払うことを約束した。

 ここでは,E君はXの指揮の下,ラーメン屋で働くことが前提となっており,E君はある程度Xの指示に従うことが契約の内容となっている,といえます。雇用は,役務を内容とする契約ですが,今後説明する請負(民法632条)などとは業務の独立性がない点が大きく違います。また,比較という点で言えば,雇用は労務の提供それ自体に価値を見出していることから,労務の成果がどうであれ報酬がもらえることも請負とは異なります。

 この役務型の契約類型は,他の類型と比較しながらみると面白いかもしれませんね。
 
 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2019 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.