【ブログ】相続と債務

2017-04-13

 こんにちは。東京都千代田神田にある法律事務所,アトラス総合法律事務所の佐々木です。前回からしばらくの間に,すっかり暖かくなりました。新しい季節になったところで新しいテーマを本ブログでやっていきたい,と思います。

1 相続はいつ始まるか
 人はいつか必ず亡くなります。そして,被相続人(相続される人)が亡くなったときから相続は開始します(民法882条)。

2 何を相続するか
 民法896条本文は,「相続人は,相続開始の時から,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。」とあります。ここで気をつけなければならないのは,「権利」だけではなく,「義務」も承継することです。
 つまり,相続により,以前ブログでも書いたような,債権(特定の人に請求する権利)のようにいわばプラスの財産を引き継ぐだけではなく,債務(特定の人に果たすべき義務)のようなマイナスの財産を引き継ぐ,ということです。
目に見える現金や預貯金などを相続したら,後で膨大な借金が発覚した・・・なんてケースがあります。

3 なので,安易に相続をする前にやるべき事がある,といえます。つづく・・・。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.