【Q&Aご質問ご回答】同時廃止手続とは

2016-11-10

Q: 同時廃止手続とはなんですか?

 

A: 破産手続とは、債務者の財産を清算する手続をいいます(破産法2条1項)。「清算」とは破産者の財産を換価して債権者に配当することを意味します。破産財団(破産者の財産の集合体)が貧弱で、その財産では破産手続の費用さえもまかなえないような場合には、清算できる財産がないので破産手続を続けても意味がないことになります。そこで、このような場合、裁判所は破産手続開始決定と同時に、破産手続廃止の決定を行います。これをいわゆる「同時廃止」といい破産管財人が選任されない手続となります。

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.