遺言書の種類と特徴

遺言書を作成する場合,大きく分けて「普通方式」と「特別方式」とがありますが,このうち,特別方式は病気や怪我で死が差し迫っている状況下の中で残す方法で通常の場面では使用されません。

ここでは,一般的な「普通方式」を紹介します。

普通方式での遺言書には3つの種類があります。
 

1 自筆証書遺言

自筆証書遺言とは,遺言者が自ら自筆で遺言を書く遺言書のことです。
 

メリット

・費用がかからない。
 

デメリット

・自筆で遺言を書ける状況でなければならない。
・遺言書が発見されない,又は紛失や破棄される恐れがある
・記載の方法に不備があると,遺言が無効となってしまう
・死後に遺言内容を確認するためには家庭裁判所で「検認」手続が必要
自筆証書遺言は簡単に作成できる一方で,遺言書の形式に不備(日付や名前が自署,押印が必要)があると,遺言が無効となってしまいます。
 

2 公正証書遺言

公正証書遺言とは,遺言者が公証人に遺言の内容を伝え,公証人が公正証書により遺言を作成する遺言書のことです。
 

メリット

・公証人による作成なので証拠としての価値が高い。
・原本が公証役場に保管されるので,紛失や変造のおそれがない。
・家庭裁判所での「検認」手続が不要なので,遺言者が亡くなった後,
 すぐに遺言を執行することが出来る。
・文字が掛けない場合や,耳や口が不自由な方でも,遺言を作成することが出来
 る
 

デメリット

・作成費用がかかる
・証人が2人必要

公正証書遺言は費用がかかるものですが,遺言の内容は専門家の公証人が作成してくれますので,内容で誤りが生じる可能性はかなり低く,且つ,すぐに遺言の内容を執行することが出来るという点が特徴です。
 

3 秘密証書遺言

秘密証書遺言とは,自筆,代筆やパソコンで作成した遺言書を自筆で署名押印して封印し,公証人の立ち合いの下,遺言であることを確認する方法の遺言書で,遺言書の存在は明らかにしつつも,遺言の内容を秘密にすることが出来るものです。
 

メリット

・遺言の内容を秘密にできる
・遺言の改ざんのおそれがない
・文字が掛けなくても作成できる
 

デメリット

・遺言書が紛失,発見されないおそれがある
・遺言の内容や方式に不備があれば遺言が無効になるおそれがある
・公証役場での手続きが必要
・家庭裁判所の「検認」手続が必要

 
いずれの遺言でも相続分の割合や相続財産の処分方法,遺言執行者の指定等の他,先祖の墓のお守り(祭祀)に関することや,子供の認知など身分関係に関わる内容を記載することが出来ます。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.