離婚をしたい方へ

離婚をしたい理由は様々ですが,嫌いだから別れるようなことは認められていません。
   
法律婚主義の下で,離婚事由も法定されており,法定離婚事由は民法770条のとおりです。
(民法770条)
 

1 離婚事由

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
 

2 離婚請求の棄却

裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。
   
単純に条文を見ても,よくある性格の不一致とか価値観の違いなどでは離婚できないことがわかります。
  
当事務所で扱ってきた案件の多くは一号か五号が圧倒的であり,不貞の立証が難しいとなるとどうしても五号になります。
  
婚姻を継続しがたい重大な事由とは一概には言えませんが,相当期間の別居(具体的には三年から五年程度)が基準になります。
あとは,DVとか金銭の浪費などとにかく相手方の欠点を指摘し,診断書,通帳などの証拠を提出していくほかないのですが,相手方がかたくなな態度だと簡単に離婚はできないということは頭に入れておく必要があります。

離婚を求める側としては,前述した不貞の証拠が盤石である,別居期間が長期に渡りもはやよりが戻るわけがないといった事情がない限り,相手側の言い分を一定程度聞き入れないと離婚はできないのです。
 
そこで,財産分与や慰謝料(解決金)などといった形で,経済的負担を求められ,それに応じることができるか否かという離婚の条件がキーになります。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.