債務整理の種類と特徴

債務整理(借金整理)はおおまかに以下の種類があります。

1、 過払金返還請求
2、 任意整理
3、 個人再生
4、 自己破産
 

過払金返還請求

過払金返還請求とは、利息制限法の上限金利(借入額により約15%~20%)を超える金利を支払っていた場合に、この金利を適正な金利に引き直し計算して、差額分の過払い分の金額の返還を請求するというもので、この金利の引き直し計算の結果、債務が残る場合には合わせて次の任意整理を行います。

なお引き直し計算の結果、過払いが発生している場合には、信用情報に載せられることはありません。
 

任意整理

裁判所を通すことなく、弁護士が債権者と直接、約定金利の減免や遅延損害金の減免、返済期間の延長などの交渉を行い、毎月の返済額を支払い可能な金額まで下げさせるように交渉します。

問題点としては、あくまで任意の交渉の結果和解を成立させる必要があり、債権者によってはこちらの提案を拒否する場合などがあります。
この場合には、次の個人再生や、破産などの法的な方法を検討することになります。

もっとも債権者にとっては、和解を拒否した結果、破産されて自分の貸金を全額免除されたり、個人再生によって貸金を大幅に減額されるよりは、和解に応じて少なくとも元本だけでも支払ってもらう方が得なので、それでも拒否をする場合は稀です。
 

個人再生

個人再生は、裁判所に申立てることにより、債務(借金)を5分の1から最大10分の1まで減額してもらい(減額幅は債務額によって異なります)、残った債務(借金)を3年から5年で返済していくという方法で、債務(借金)の原因に自己破産と異なり、浪費やギャンブルなどの免責不許可事由がある場合にも問題となりません。

また、マイホームや車などを残すことも可能です。
ただしマイホームを残す場合には、このマイホームの住宅ローンについては一切減額されません。
 

自己破産

自己破産とは、債務(借金)の返済が不可能な場合に、裁判所に申立てることにより、債務(借金)の全額を免除してもらうという制度であり、返済不能な債務(借金)を抱えてしまった人に、人生の再出発の機会を与えるために用意された制度です。

税金や養育費などの、いわゆる非免責債権と呼ばれる債権以外の全ての債務(借金)が裁判所の免責決定により支払いを免除されます。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.