過失割合に納得できない方へ

交通事故で争いの対象になるのはまずは事故態様です。
  
なぜなら,事故態様によって,過失割合が異なってくるのであり,これによって損害賠償額も左右されるからです。
  
実際問題として,交通事故は当事者双方に責任がある場合が多く,過失割合が100対0の事案(たとえば,赤信号で停車中に追突された,飲酒運転などで逆走してきた等)はそれ程多くありません。
  
その過失割合をめぐって当事者が納得しないと,なかなか解決できないのです。
  
過失割合は,判例の積み重ねや専門書(損害賠償額算定基準(赤本)や判例タイムズなど判例集)などで類型別に整理されてはいますが,交通事故は千差万別で一つとして同じ事故は存在しません。

事故当時の状況から,本人の聴取によって事実を把握することから始まります。
  
この点でも,保険会社は被害者の過失割合を高くし,保険金額を低くしようとしてきますので,納得ができないなら,軽々に示談書に押印してはいけません。
  
過失割合はプロでも判別することが難しく,当事者双方の言い分を聞いて判定するものですから慎重な検討が必要なのです。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.