交通事故の解決事例

事例 ① 

被害者が赤信号で停車中に,追突され腰椎捻挫,頸椎捻挫の傷害を負ったが,保険会社が後遺障害を認めなかったため,異議申し立てをし,等級14級を認定された事例(200万円の提示から350万へ150万の増額)
   
事故時から相当期間経過後,改めて医者の診断を受け,レントゲン写真などを撮影したところ,左頚項部の筋肉内の出血に伴い血液の石灰化が発見され,継続的に痛みが伴うとして「局部に神経症状を残すもの」に該当するとされた。
 

事例 ②

被害者が14級の等級認定を受けたにもかかわらず保険会社の担当弁護士が250万円の提示しかせず納得できなかったため,当事務所に相談。

即時に訴訟提起をしたところ,500万円で和解した事例(250万の提示から500万円へ250万円の増額)。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.