配偶者に不倫,浮気をされた方へ

 ① 離婚原因として,圧倒的に多いのが,不倫,浮気です

夫婦は貞操義務を負っており,他の異性と関係を持つことは許されません。
   
これは,離婚事由の中でも,所謂一発アウトであり,他の異性と関係を持つと特段の事情がない限り,ただちに離婚が認められます。
   
ただし,ここにいう「関係」とは基本的に肉体関係をいうので,単にキスしただけとか,交際していただけならば,不貞にはあたりません。

それゆえ,よく問題になるのが不貞の立証です。
不貞行為の現場を直接押さえるのはかなり難しく,夫が女性宅に夜間繰り返し出入りしているあるいはラブホテルに出入りしている写真などは探偵等を使わないとなかなか入手できません。
   
そこで,本人でもチェックできそうなのが,携帯やパソコンのメールのやり取りです。
   
メールで,性行為を匂わせる内容の記述があれば,不貞行為を示す重要な証拠になりますし,これらは日常生活の中で入手可能ですので,消去される前に写真等で残しておきたいところです。
   
いずれにせよ,不倫や浮気は立証が勝負ですので,証拠は多いに越したことがありません。
 

② 不貞配偶者の相手方に対する請求

不倫,浮気をされた夫あるいは妻は,その不倫,浮気相手に対しても慰謝料請求をすることができます。
  
不貞行為は,円満な夫婦関係を破壊する行為であり,違法性を帯びるためで,不倫された夫や妻は,不倫相手に対して損害賠償請求をすることが認められています。
  
しかも,夫婦関係が内縁関係にとどまる場合であっても,このような請求が認められるので(準婚理論),籍を入れていなくても長く連れ添った夫あるいは妻の不倫相手は損害賠償義務を負うこととされています。
  
逆に,夫婦関係が破たんしていると認められる場合には形式的に婚姻状態にあっても,不貞による損害賠償請求は認められないので注意が必要です。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.