不倫,浮気の慰謝料の相場

これはなかなか難しいですが,当事務所の経験では100万円から150万円の慰謝料額が多いように思います。
   
額を決める要素は,夫婦の婚姻期間,不貞配偶者と不倫相手の交際期間,夫婦関係の実情や不倫相手の意図,認識といった事情が考慮されていると思いますが,特に算定表などはなく,専ら裁判所の裁量で決められているといってよいでしょう。
   
したがって,婚姻費用や養育費などと違っていくら取れるとかを相談の段階では断言しにくく,予想に反して低い額だったりすることも多く,難しいです。
   
当事務所では,慰謝料1000万が認められたケースや,せいぜい50万程度と思っていたところ,100万円を超える額を得られたケースもありますが,いずれも話し合いや調停のレベルです。
   
これに対して,私見ではありますが,裁判で認定する慰謝料額はかなり低めのような気がします。
   
ただ,交渉や調停レベルでは,相手方の資力が重要なポイントになることは間違いありません。

したがって,不倫した夫に経済力がある場合や,不倫相手が資産家であるような場合には高額な慰謝料を期待できますし,より確実にかつ高額の慰謝料額を望むなら不貞配偶者とその不倫相手双方を相手にした方が好ましいといえます。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.