慰謝料請求の様々な方法

1 代理人名義での内容証明郵便による通知

この方法は最も簡単で,安上がりです。
弁護士名で通知することで,相手方が畏怖し支払い応じることもありますし,その後訴訟等をちらつかせれば,少なくとも交渉には応じるようになり,相手方も弁護士を立ててくることで生産的な話し合いができる場合があります。
   
しかし,額だけでなくそもそも慰謝料の前提となる事実関係に食い違いがあるような場合だと交渉もまとまらないでしょう。
   
とりわけ,依頼者の希望額が100万を超えてくるような高額なケースだと相手方が譲歩しないので,交渉レベルで解決することは期待できないです。
 

2 民事調停

民事調停は調停員が間に入ってくれますので,落としどころを探る意味では有効ではあります。
   
しかし,配偶者との離婚調停なら,慰謝料以外にも話し合いの争点(離婚の可否,財産分与,親権など)があり,大抵相手方は出頭してきますが,民事調停だとそもそも出頭すらしてこない場合もありますので,不貞の慰謝料という点では民事調停の利用はお勧めしません。
   
当事務所としても,民事調停の活用には消極的です。
 

3 裁判

配偶者に対する慰謝料請求は離婚と一体として解決され,離婚が調停前置を取るために基本的に調停で話あって,まとまらなければ訴訟という運びになります。
  
しかし,不倫相手に対する慰謝料は即刻訴訟提起できますので,調停は不要です。
  
不倫相手に対する慰謝料請求は交渉でまとまらなさそうなら,即刻訴訟提起し,裁判所の判断を仰ぐべきでしょう。
  
ただ,不貞の立証の問題は残りますので,証拠は充実させ準備は必要です。

この際,不貞をした夫や妻の証言も利用することできれば有意義でしょう。
  
実務的な話になりますが,不貞配偶者とその不倫相手がスクラムを組んで共同しないようにもっていくことがポイントです。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.