弁護士による任意売却

住宅ローンの返済にお困りの方、任意売却に精通した弁護士、司法書士が任意売却のお手伝いをいたします。

任意売却とは

住宅ローンなどを利用して不動産を購入している場合に、不動産の市場価格を住宅ローンなどの残高が超えている場合、いわゆるオーバーローンの場合には、ローン会社の抵当権の抹消が出来ないために、自由に売却することが出来ません。このような場合に、あらかじめ融資を受けた金融機関の同意を得て、不動産を売却することを任意売却といいます

住宅ローンなどの滞納を続けると、半年から1年ほどで競売になってしまいます。競売となる前に、融資先のローン会社の同意を得て、任意売却をすることが出来れば、あなたにとって様々なメリットがあります。

 

競売のデメリット

  • 入札希望者が不動産の内見などをすることが出来ないために、一般的な市場価格よりかなり安い金額で落札されてしまうために、大きな残債務が残ってしまう。
  • 裁判所の配当要求終期の公告や、競売情報のインターネットにより、差押えや競売の事実が公開されてしまう。
  • 競売されても所有者には1円も入ってこないために、自費で引越しをしなければならない。
  • 通常、任意売却と比べて長い期間を必要とするため、ローンの遅延損害金が膨らんでしまい、残債務が増えてしまう。

 

任意売却のメリット

  • 市場価格にて売却できるため、残債務を大きく減らすことが出来る
  • 通常の売却のため、住宅ローンの滞納の事実を周りに知られることが無い
  • 買主との交渉により、多くの場合に引越し代を出してもらえる
  • 競売よりも短期間で売却が出来るため、ローンの遅延損害金が少なくて済む

 

弁護士による任意売却のメリット

  • 不動産会社による任意売却と違い、代理人として弁護士が介入するために、残債務の債務整理も一緒に行うことができ、債務の問題の全てが解決する。
  • ローン会社としても、残債務の支払いについての交渉も同時に行えるため、任意売却についてのローン会社の同意が得られやすい。
  • 弁護士主導で任意売却が行われるため、悪質な不動産会社による不利益を被ることが無い。

任意売却に関するご相談は完全に無料です!
また、任意売却の弁護士手数料は完全に0円です!

 

任意売却の流れ

  1. お電話又はメールにて、不動産会社の任意売却部門で長年勤務経験のある専門のスタッフがご相談の概要をお伺いします。
  2. その後ご来所いただき、弁護士、司法書士及び、専門のスタッフが詳細なご事情をお伺いします。
  3. 不動産会社と専任媒介契約を締結します。
  4. 債権者に連絡し、売却金額の打合せを行います。
  5. 売却活動を行います。
  6. 購入希望者が見つかれば、残債務の返済方法も含めて、債権者に売却の許可をもらいます。
  7. 売買契約を締結して、不動産の売買を行います。

 

アトラス総合法律事務所による任意売却のメリット

任意売却に精通した弁護士、司法書士と、不動産会社の任意売却部門で長年勤務経験のある専門スタッフが、ご依頼者様にとって最も有利な条件で、任意売却及び残債務の整理を行います。そして、スムーズに、短期間でご依頼者様を債務のお悩みを解決いたします。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.