預金・現金の使い込み

被相続人が亡くなった後に相続人間で遺産分割協議を行い,相続財産の分配を行いますが,協議を成立させるまでの間,一部の相続人が取り仕切って被相続人の財産を管理するケースがよくあります。
 
それに伴い,管理している相続人が被相続人の預金を勝手に引き出したり,現金を使い込むなど,被相続人の財産を使われたとして相談に来られるケースが非常に多いです。
 
また,遺言書がある場合に遺産を受け取れない相続人が,被相続人が亡くなるやいなや,被相続人が生存しているように見せかけて預金を引出したり,被相続人が生前中に寝たきりなどにより被相続人自身で引出しが出来ない状況下において,同居している相続人が勝手に預金を引出し,横領するケースなどの事案も見受けられます。
 
このように,被相続人の生前・死後を問わず,一部の相続人により被相続人の財産が使い込まれた場合には,本来正当な権限無く引き出されたものであれば,その他相続人は使い込んだ相続人に対し,不当利得返還請求(民法703条)や不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)により返還を求めることになります。
 
法的な手続きを用いて返還を求めるには証拠が重要ですので,被相続人が自由に預金を引き出すことが出来ないような状態であった事実とか,被相続人の財産を引き出せる環境に使い込んだ相続人があった事実など,使い込みや横領した事実が分かる資料を集めなければなりません。

仮にその他の相続人の主張が認められたとしても,問題なのが使い込んだ相続人が返還出来るだけの資力があるかどうかです。
使い込んだ相続人に相続分があり,ある程度の相続財産額となるのであれば,その部分から回収を図ることが出来るでしょうが,そのような場合でなく,且つ,使い込んだ相続人に返還するだけの資力がなければ実質的な回収は難しいでしょう。
 
被相続人の相続財産が使い込まれる恐れがあったり,被害がまださほど出ていない状態であれば,また被害回復の可能性はあるでしょう。
被害が拡大して回復が出来なくなる前に,早期に弁護士へ相談することをおすすめします。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 アトラス総合法律事務所 All Rights Reserved.